社が社員に学んで欲しいテーマをリサーチする

人材育成研修の目的が分かっている時のリサーチ方法

確実に契約を取れる営業マンの人数を増やして営業成績の底上げを図りたい、顧客満足度の向上のためにより良い接遇ができるよう社員を教育したいなど、人材育成研修の目的を上司からはっきりと伝えられている場合は、まずそれをもとに自分でテーマの候補を作ってみましょう。例えば、営業成績の底上げを図ることが目的だった場合、営業マンに商品知識を深める機会を与えられたら成績が伸びる可能性があるのか、セールストークを磨く機会があったら良いのかなど何が1番目的に沿ったテーマになるかを考えながら候補を作ります。いくつか候補ができたらそれを上司に見せながらどれが良いかや他に考えられるテーマがないかを相談すれば、より社の意向に沿ったテーマを設定できるでしょう。

人材育成研修の目的が全く分かっていない時のリサーチ方法

人材育成研修担当になったけれど上司から明確な目的は伝えられていない、君に任せると言われたという場合もあるかもしれません。そういった場合は、まず今やっておくべきテーマがないか否かを上司に確認しておきましょう。社の意向と違うことをしてしまうかもしれないと不安を覚えながら研修の準備をするよりも安心して進められるはずです。確認したにも関わらず、明確な目的が聞かれなかった場合は他の上司から現状の課題は何かを聞き取ってみましょう。自分よりも社の運営側に近い人から現状の課題を聞くことで、今のテーマが何か絞りやすくなります。テーマがいくつかできたら、それを持って自分を人材育成研修担当に指名した上司のところに行き、テーマを絞り込めば社の意向と自分の意向が大きく離れてしまうことも防げるでしょう。

接客業を経営している経営者は、従業員教育の一環として接客マナーの研修を受けさせると良いです。顧客に好印象を与えれば売り上げアップにつながります。

© Copyright Human Resource Training. All Rights Reserved.