社員が学びたいテーマをリサーチする

研修は企業側と社員双方にとってメリットのある取り組み

企業が中長期的に成長して行くためには社員の能力を高める事が不可欠です。社員の能力アップを考える上で有効な手段となっているのが研修です。研修は業務から一旦離れ、特定の分野を学ぶ場となるので短期集中で知識や技術を身に付ける事ができます。企業側からすれば全体の底上げに繋がりますし、社員側からしてもキャリアアップに繋がるので双方にとってメリットのある取り組みと言えます。ただし、研修を行う上で注意をしたいのが研修内容です。研修担当が考えている研修内容と現場が求めている研修内容に乖離がある場合があります。その乖離が大きければ大きい程かえって研修が逆効果になってしまい、無意味な研修としてフラストレーションを溜めてしまいかねないでしょう。

現場の声に耳を傾ける事も大切

社員の能力アップ、モチベーションアップに繋がるはずの研修がかえってマイナスの方向に進んでしまわないように、研修の内容を検討する際には注意が必要です。まず、実際に現場がどの様な事を学びたいか、身につけたいかを知る事が大切です。これまで人気だったから、研修業者に勧められたからと言う理由で研修内容を選んでいませんか。誰の為に、何の為に研修をやるのか今一度考えて見ましょう。企業の成長と社員の能力アップ、そしてモチベーションのアップに繋げる為にも現場がどの様な研修を受けたいか、テーマをゼロベースで聞いてみるのが良いでしょう。研修担当では考えつかない様な面白い研修が出てくるかも知れません。また、突拍子の無い意見もブラッシュアップさせて行く事で素晴らしいアイデアとなり得ます。可能性を広げる為にも、現場の声を大切にしましょう。

会社内で接客のマナー等をしっかり身につけたい場合は、接客のセミナー講師を外部から招くのがポイントです

© Copyright Human Resource Training. All Rights Reserved.