人材育成研修のテーマを決める

接客のマナーを全社員が学ぶことを目的とした研修と、いずれ管理職を目指したいと考える社員が参加するモチベーションやスキルアップを目的とした研修とでは内容が違うことは想像に難くないでしょう。テーマが決まりさえすれば、内容は自ずと決まってきます。まずはテーマを決める方法を探っていきましょう。

社が社員に学んで欲しいテーマをリサーチする

確実に契約を取れる営業マンの人数を増やして営業成績の底上げを図りたい、顧客満足度の向上のためにより良い接遇ができるよう社員を教育したいなど、人材育成研修の目的を上司からはっきりと伝えられている場合…

Read More

社員が学びたいテーマをリサーチする

企業が中長期的に成長して行くためには社員の能力を高める事が不可欠です。社員の能力アップを考える上で有効な手段となっているのが研修です。研修は業務から一旦離れ、特定の分野を学ぶ場となるので短期集中で…

Read More

担当者が思う「社や社員が抱える課題」とは?

人材育成研修の担当者になったけれどテーマが全く思いつかないというのであれば、まずは社の現状を考えてみましょう。業績は順調に上げられているか、サービスや製品に対する顧客満足度は高いか、社員の仕事に対…

Read More

人材育成研修に盛り込みたい要素

テーマは決まった、何をやりたいかは決まったけれど具体的に何をすればいいかがまとまらない、プログラムを組んでみたらかなり時間が余ってしまったということもあるでしょう。ここでは人材育成研修に盛り込みたい要素をご紹介します。

知識の定着に役立つ!反省の時間を取ろう

受け身の研修では身に付かないことも

人材育成研修を行う場合には、伝えたいことや必要な知識をどのように伝えるかという事を中心に考えることが多いです。そして、それを十分に盛り込んだ講義や指導を行っていくことになりますが、実際に進めてみるとなかなか覚えてもらえなかったり、伝わっていなかったりということが起こってきます。研修の意味すら感じられないという事もあるでしょう。その原因として、講義などの受け身の研修が多いということが挙げられます。受け身の研修では知識などが自分が使えるものとして定着しないことが多いです。研修を受ける側が自分自身で考え、関わっていくことが出来るような研修の形を取っていくことで、学んだことを仕事へと活かしやすくなっていきます。

反省の時間を設けてみよう

研修を受ける側の人に自分で考えてもらうには、学んだことを自分なりにまとめて考えてもらう必要があります。そのためにやっておきたいのが反省の時間を設けることです。講義であれば終わった後に簡単なレポートなどをまとめてもらうという事も良いでしょう。自分でまとめてみることで積極的に講義を聞く姿勢が生まれますし、聞いた内容を整理することもできます。数人でディスカッションするという事もおすすめです。一人では理解できないことも教え合いやすくなるからです。仕事の中で教えたことなどはその後もう一度理解しているか確かめてみると良いでしょう。こうした振り返りの時間を持つことは知識の定着に大きな効果を発揮してくれます。

人材の育成に困っている時に役立つ人材育成のセミナー

企業にとって人材育成はとても大切なことですが、人材育成のセミナーでは経営者にとってためになる情報を提供しています。

© Copyright Human Resource Training. All Rights Reserved.